金剛禅総本山少林寺

絵本で広げよう金剛禅プロジェクト

2017年02月04日

 奈良県の大和郡山南道院(河原章二道院長)では、修練の合間に絵本の読み聞かせが行われています。
 この度、「読売奈良ライフ」が発行するミニコミ誌「月刊Yomiっこ2月号」に、大和郡山南道院での読み聞かせの様子が紹介されました。

河原道院長の読み聞かせ

ミニコミ誌に掲載された写真

 

 また先日は大和郡山南道院で絵本プロジェクトの説明会があり、迎田教区長のお声掛けもあり、県内5道院28名の道院長はじめ幹部拳士が参加。また3歳から中学生まで35名の拳士を対象に読み聞かせが実施されました。

 近日有志での勉強会も開催されるそうで、今後、奈良県教区での絵本の輪が広がっていきそうです!

大和郡山南道院で開かれた推進キャンペーン

しんちゃんのよみきかせ

子どもたちもすっかり引き込まれています

指導者を対象にした説明会。みんな真剣!