金剛禅総本山少林寺

ホーム > 絵本で広げよう金剛禅プロジェクト > 絵本で広げよう金剛禅プロジェクト > 兵庫県で絵本プロジェクトの説明会を実施!

絵本で広げよう金剛禅プロジェクト

子どもの日である5月5日、兵庫県尼崎市において絵本で広げよう金剛禅プロジェクト(略称:絵本プロジェクト)の推進キャンペーン(説明会)を実施してきました。
この日は兵庫県少林寺拳法連盟が主催する中学生大会や禅林学園の武専コース兵庫地区が開催されていたこともあり、道院長や道院幹部も大勢来られていたため、絵本プロジェクトの趣旨を説明するにはぴったりの機会でした。
兵庫県教区の鈴鹿教区長の協力があっての実施でしたが、急きょ武専コースからも「せっかくの機会なので」と特別に授業時間を調整していただき、武専コースの学生を対象にした説明会も実施することができました。
本山から派遣された絵本プロジェクト顧問・三浦伸也氏には、突然同日二回の説明会をしていただくことになりましたが、快くお引き受けいただき、2回とも盛会裏に終了することができました。
とりわけ、絵本の読み聞かせを通じておとなが「本気」で子どもたちと向かい合うために、自身の余計なプライドや肩書を脱ぎ去り、「思い」と「行動」を一致させて取り組む必要があることが強く説明され、場内の道院長や幹部拳士は真剣に聞き取っていました。
子どものためであると同時に、自らを振り返ることができる絵本の読み聞かせ。おとなにとっても実りある子どもの日でした。