金剛禅総本山少林寺

ホーム > TOPページイラスト > あの人のために

TOPページイラスト

あの人のために

あの人のために

【開祖、宗道臣語録より】
私は若いときに、「あの人のために」という、その気持ちがいちばん大事とわかった。それで一生懸命してあげる。それで相手が喜ぶ顔を見ると嬉しい。それだけでいいんで、相手からは何も望まない。けれども、結果として相手も自分のために一所懸命してくれる。(1976年10月)

 

人は誰でも将来の夢を持っており、またはそんな夢を持っていた時期があるはすです。ところが実際には、夢がかなう人とそうでない人がいます。
いつしか違うことに夢中になったり、目まぐるしい毎日からいつの間にか忘れてしまったり、また残念ながら途中で諦めてしまった人もいるかもしれません。しかし、何度くじけてもへこたれず、努力を続け、ついに実現した人もいます。この違いはいったいどこにあるのでしょうか?
こんなことがいえるかもしれません。“自分のための夢にとどまらず、自分以外の『人のため』になるより大きな夢を持つことで、その実現する力も大きくなる。”
例えば「将来お医者さんになりたい」より「将来お医者さんになって、病気の人を治して喜んでもらいたい」の方が、目指していることが具体的に『人のため』になっています。自分以外の誰かのために頑張るとき、くじけることはできません。そしてこのようなときこそ人は本当に成長し、強くなるのです。
自分の努力に対して見返りを求めず、相手の嬉しそうな笑顔を見るためだけに頑張ることができる人。そんな人の周りには必ず自分と同じような人が集まります。互いに見返りを求めず応援し合い、頑張りあえ、くじけそうな時もともに乗り越えられる、そんな「夢が実現しやすい」環境が自然と生まれるのです。
自分の人生を幸福にできる可能性がこんなところにもあります。是非将来のことを考えるとき、自分だけでない、ほかの誰かが笑顔になるところまで想像してください。子どもたちであっても決して難しいことではありません。「自分にできる、みんなを笑顔にできる」というところまで導いてあげてください。

誰かを幸福にすると、結果自分が幸福になる。自分の幸福を求めても、なかなか幸福になれない。これは自身の思いや行動が、周囲と影響しあう「ダーマ」のはたらきに、人の思いの強さに併せて増幅したり、それが自分に返ってきたりする習性があるからと我々は信じています。