金剛禅総本山少林寺

ホーム > TOPページイラスト > 自分を「幸せ」にする方法

TOPページイラスト

自分を「幸せ」にする方法

自分を「幸せ」にする方法

【開祖、宗道臣語録より】
自他共楽・・・他人と一緒に楽しもう、「幸せ」になろうではではないか、という考え方です。(中略)少なくとも社会に何かを奉仕することを考えようではないか。(1969年10月)

 新しい年度がはじまりました。希望を胸に新しい生活をはじめた方も多いでしょう。また、今までと同じ環境で頑張る人、異動等で環境が変わる人、中には就職活動中の方もいらっしゃるかもしれません。今回は就職活動している方へのエールを通してどのように考えて頑張れば、より幸せを感じることができるかを考えてみましょう。すでに社会人の方は「そうそう、あの時このことがわかっていなかったなぁ」と思えるかもしれません。全ての方にこの内容が少しでもお役に立てれば幸いです。
 就活中のみなさん今「自分は◯◯に就職したい」「自分はどこに就職できるか」と考えていませんか?少し視点を変えて「企業はどのような人材を採用したいか?」と考えてみましょう。「優秀な人材」であることは間違いないです。では「どのような人材が優秀なのか?」。企業には必ず理念があります。多くの場合その企業が提供する財やサービスで「社会に貢献する」となっています(またはそれに近いニュアンス)。企業や団体は「社会に貢献する場所」であることを理解してください。つまり他の誰かを笑顔にして、その笑顔を見て自分も笑顔になる。企業は誰かを笑顔にする手段にそれぞれ特徴があるだけなのです。
 おわかりいただけたと思います。「優秀な人材」とは企業の理念を理解し、その実現に全力をそそぎ、成果(笑顔)を出してくれる人材です。企業の理念や特徴とあなたにとっての「喜び」「幸せ」が通じていれば採用される可能性は高くなると思います。(企業が専門知識を必要としているなら、その知識があることが前提となりますが。)
 私たちは「幸せになりたい」と常に思っていますが、殆どの人が「自分がどのようになれば幸せになるか」を理解しているわけではありません。明確に自分の幸せをイメージできる人は少ないかもしれません。しかし開祖の言うように「他人と一緒に楽しむ」「社会に奉仕する」を心がけていれば、いつかあなたにとっての幸せを感じる日が来ると信じてください。

金剛禅では「人は宇宙のはたらきの一つ」、つまり人や物質(個々)は一体である全体(宇宙)の一部と捉えています。私たちは自分以外との関係性の中でしか存在しません。だから自分だけが幸せになることはなく、周囲が幸せになったとき自分も幸せになっています。(ダーマは全体であり、個々もダーマであり、個々の関係性もダーマです。)