ホーム > 新着情報 > 各支部レポート > 2015年5月 米国カリフォルニア モントレー

新着情報

2015年06月01日

投稿者:モントレー支部 支部長 有田 和樹

2015年5月8日(金)、モントレー支部の8名の拳士が、米国カリフォルニア州モントレーにある国防言語研究所(Defense Language Institute Foreign Language Center)の「言語の日」に少林寺拳法のデモンストレーションを行いました。参加者は、ニシムラ フミオ、モリ ミツグ、Merced Rodriguez、Cleto Fernandez、Teeger Blasheck、Isabel Correia、Jeremy Diamson、そして有田和樹です。

国防言語研究所は米国連邦政府(国防省)が運営する世界で最大、最良の語学学校とされています。カリフォルニア中部の海岸沿いにあります。研究所では24の言語と方言を3500人以上の軍人と米国政府職員に、週5日、毎日7時間、毎晩の2,3時間の宿題も含め教えます。3500人以上の軍人と米国政府職員がいます。通常、生徒は卒業までに、言語の難易度により26から64週をそこで過ごします。(http://www.dliflc.edu/index.html.) 私、有田和樹は国防言語研究所で日本語を教えており、以前には研究所のジムで2006年に支部がモントレーに移る2005年まで少林寺拳法を教えていました。

「言語の日」は言語研究所と多くの言語と文化を一般の人に紹介するための一般公開の日です。国防言語研究所で1942年から70年間の歴史を持つ日本支部のため、日本の武道を文化として紹介するために、少林寺拳法は剣道と協力してデモンストレーションをしました。

最初に、少林寺拳法が戦う事や娯楽ではなく、教育とより良い社会の実現を目的としていることを強調し、日本の武道と少林寺拳法の学科について簡潔に説明しました。その後、開足中段構からの基本と、剛法と柔法の技術をペアで実演しました。

短時間ではありましたが、大きな気合やキレのある動きに観客は感銘を受け、楽しんでいるようでした。今年は、6歳のIsabel Correiaちゃんの演武が全ての観客の心を捕らえました。Isabelが逆後手を披露した時、大きな拍手が送られました。

人の前で実演することは彼らにとって強い心と精神を養うためにとても良い経験です。皆あまり緊張せず、いつも道場で練習しているように強い心を持って技術を披露できました。

参加者の貴重な時間、努力、そして実演に参加してくれた優しさに心から感謝しています。少林寺拳法、そして開祖 宗道臣の名前と教えを米国に広めるため、これからも続けてDLIで少林寺拳法のデモンストレーションを実施する予定です。

合掌

w_0601-01 w_0601-02

w_0601-03 w_0601-04