ホーム > 禅林学園について > 理事長挨拶

理事長挨拶

1956年に香川県公認各種学校「日本少林寺武芸専門学校」として創立された我が学園は、少林寺拳法という戦後日本において創始された武道を教育の手段として、自信と勇気と行動力と慈悲心を養い、戦後の日本に最も必要な人づくりを目的としてその歴史を積み重ねて来ました。
1976年の専修学校制度の始まりに合わせ「専修学校 日本少林寺武道専門学校」として進化し、職業教育を目的とする専門学校が大半を占める中にあって、全寮制で武道のみならず一般教養も学ぶ人づくりにこだわる個性的な学校として今日に至っています。
2013年には校名を改めた専門学校禅林学園と、新たに新設された禅林学園高等学校を人づくりの両輪として、社会で必要とされる「自分の可能性を信じ、あきらめないで頑張る勇気」を養うお手伝いをしています。
禅林学園理事長

学校法人禅林学園
理事長 宗由貴