専門学校 禅林学園

ホーム > 社会武道学科 > よくある質問 > 社会武道学科通信制について

社会武道学科通信制について

Q
2年の間にすべてのスクーリングやレポートが完了しないと卒業できないのですか?
A

卒業にはすべての単位修得が必要ですが、やむなく受講できなかったスクーリングや完了しないレポートがある場合、在学延長して引き続き単位を修得することが可能です。

Q
卒業までに納入する費用は、全部でいくらでしょうか?
A

入学検定料(8,000円)、入学金(10,000円)、授業料(180,000円×2年分)とで合計378,000円が必要です。やむなく在学延長する場合、3年目からは登録費5,000円×在学年数が必要です。なお、スクーリング費用は不要です。(交通費、宿泊費、食費等は各自負担)

Q
現在、武専コースに在学していますが、通信制に入学後も在学できますか?
A

そのまま継続して在学できます。
その場合、通信制に在学中は武専コースの授業料は免除されます。武専コースにこれから入学する方は、加えて入学金も免除されます。
また、武専コースの進級・修了論文は、通信制でのレポート提出をもって代替されます。(ただし、テーマおよびレポート数による)なお、武専研究院に在籍している方も、同じく継続して在籍できます。

Q
通信制を卒業した後、武専研究院に入ることはできますか?
A

通信制を卒業した方は、少林寺拳法四段以上であれば武専研究院に入ることができます。
もちろん希望する場合は、引き続き武専コース各科に在籍して学ぶことも可能です。

Q
入学試験はありますか?
A

書類選考のみです。出願方法は本校Webサイトの「■出願手続から入学まで」をご覧ください。

Q
入学に年齢制限はありますか?
A

18歳以上であればどなたでも出願が可能です。

Q
自宅学習はどんなことをするのですか?
A

主に教養分野の科目(「金剛禅教義」「武道概論」など)をテキストや参考書籍などで独習し、レポートを作成します。わからないことはメールや電話等で担当教員に相談できます。

Q
作成するレポートの数や内容はどんなものですか、また、いつ提出するのですか?
A

レポートは、テキストなどの内容を踏まえて指定テーマについての結論をまとめるものです。字数は1200字~1600字程度。(400字詰原稿用紙3~4枚)。提出はいつでも、何度でも可能です。提出レポート数は、本校Webサイト「■カリキュラム」の「※R」欄をご覧ください。

Q
通信教育でどのようにして少林寺拳法の実技を学ぶのですか?
A

修練は、面授面受、組手主体が基本です。テキストや参考書籍・DVDなども用いますが、あくまで独習の柱はスクーリングでの集中授業、さらには少林寺拳法の道場などでの研鑽です。
スクーリングで学んだことを、メールや電話での質疑応答、映像を活用してのアドバイスなどで復習できます。通常の講習会にはない個別指導によるフォローが通信制の特徴です。

Q
仕事で土日のスクーリングが受講できません。平日に受講できないでしょうか?
A

そうした方たちのために、平日にもスクーリングを実施します。ただし、平日は全日制の授業を行っているので、日程については申請をもとに個別に調整して決定します。

Q
授業料の減免制度などはありますか?
A

年間授業料を減免(最大半額)する奨学制度があります。少林寺拳法普及の意欲と向学心に溢れる人材で、地域においてもその姿勢が認められている方が対象です。
申請については学校までお問い合わせください。