金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗門の行としての少林寺拳法 > 鶴立拳 > 鶴立拳 金的蹴膝受波返

新着情報

2018年01月01日

金的蹴に対し、前脚を引き上げて片足立の膝受を行い、その足で相手の金的へ波浪脚撃を行う。膝受と言っても脚刀側部から足首を使って受けるが、真っ向から対抗するのではなく、相手の攻撃に添うように引き上げて受けるとよい。会得には数をかける必要があるので、防具等を有効に活用しながら無理なく修練すること。