金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > お年寄りを大切にする気持ちやお互いに助け合う事の必要性を感じてもらいたい

宗道臣デー

– 参加所属
周南南道院・周南南スポーツ少年団・徳山スポーツ少年団

– 実施日
2019/05/18

– 時間
9:00~11:00

– リーダー氏名
渡邊晴夫

– 参加人数
15名

– 目的・目標
奉仕活動を通してお年寄りを大切にする気持ちや、お互いに助け合う事の必要性を感じてもらいたい。

– 実施内容
場所:養護老人ホームきさんの里
活動内容:網戸の張替え、窓ふき、周辺草取り、演武披露、肩もみ、健康プログラムでの体操
継続年数:15年

– 目的・目標に対してどのような成果がありましたか?
拳士一人ひとりが、人の役立つことの大切さを感じ取ってもらえたと思います。

– 参加された方々や地域の方の感想や表情、変化はありましたか?
今回は地元のテレビ局(KRY)の取材があり、夕方と夜のニュースで放映され、多くの方が観られました。少林寺拳法の団体が地域に役立つ活動をしていることがアピールできたと思います。

– 次回はどのような活動にしたいですか?
施設からは毎年楽しみにまた頼りにされているため、来年もこの施設の奉仕活動は続けたいと思います。

周南南道院