金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > ゴミ集め、バザー、演武披露で、金剛禅の周知活動

宗道臣デー


【実施内容】

西予市宇和町のれんげ祭りに南予小教区8道院が、一斉に集まり、ゴミ集めのボランティア活動と唐揚げのバザーをした

【参加団体】
三崎道院・伊予津島道院・宇和島道院・鬼北道院・大洲道院・南予伊方道院・伊予八幡浜道院・愛媛宇和道院

【活動の目的・目標】
地方祭に参加して、ボランティア活動、と一般の多くの人々に活動を周知してもらうことを目的とし、ひいては、金剛禅の勧誘活動になることが、目的である

【報告内容】

◇活動のリーダー:宇都宮 俊二

◇参加人数:100人

◇成果
15分程度の持ち時間で、祭りのステージ上でも、子供たちの演武を中心に、行い、また愛媛大学少林寺拳法有志も協力いただいた
また、ケーブルテレビ等に大きく取り上げられ、期待以上の効果が上がったように思う。

◇参加者や地域の方の感想や表情、変化について
今回は、大学生が参加してくれることで、子供と大人、若者という構成であったので、地域の方々は、大学でも少林寺拳法はあるのかという驚きがあったことが意外な収穫だった。
また、参加者は、親睦、一体感、同志感という、目に見えないものがより強固になった、笑顔が絶えない一日だった!

◇次回はどのような活動にしたいか
ゴミ集めボランティア、唐揚げバザー、ステージでの演武披露と、ここ数年続けてきて、今年は、参加メンバーから、来年は、少林寺拳法体験という様なものをしたらどうか?という意見がでてきたので、前向きに検討していきたいと思う

 
 
112509_1 112509_2 112509_4 112509_5 112509_6
愛媛宇和道院