金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 一隅を照らしながら、明るい社会となるために

宗道臣デー

【実施内容】
大前神社境内の除草及びゴミ拾いを行った

【活動の目的・目標】
小さなことを積み重ねて(一隅を照らしながら)明るい社会となるように、自分から進んで行動していく力を身につけてもらいたい。

【報告内容】

◇活動のリーダー:植木勝

◇参加人数:11人

◇成果
参加した拳士が、役割分担を決めて、皆で協力しながら、手際よく行っていたことがよかったと思う。

◇参加者や地域の方の感想や表情、変化について
一般拳士はジャンパー(少林寺拳法ロゴ入り)を着用して作業をおこなっていたので、参拝者から少林寺拳法の活動に対して、感服している様子がうかがえた。

◇次回はどのような活動にしたいか
この行事を毎年恒例として、続けていきたい。

112241_1 112241_2 112241_3

 

真岡中部道院