金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 三重白山道院 地域の方々が笑顔に!

宗道臣デー

【リーダー】西山 一弘

【人数】40人

【目的・目標】
開祖忌法要で開祖の志を再確認した後、専有道場周辺の清掃活動することで、地元に少林寺拳法の存在を知ってもらうこと。

【実施内容】
10時より1時間、専有道場周辺の清掃活動をしました。職場の協力者にも参加していただきました。
その後お楽しみのバーベキューパーティーで親睦を深めました。
この様子は、地元のケーブルTVの取材があり、放映されました。

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
東北の震災以降は募金活動を行っていましたが、今年度は地元に感謝したいと清掃活動になりました。
終始笑顔で、楽しいと清掃をしていました。
少林寺拳法ののぼりを先頭と後方に掲げていたので私達の活動と理解していただき、「ご苦労様」と地元の方々からお声をいただき、拳士はさらに笑顔でした。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
毎回参加の拳士は継続の気持ちで、初めての参加の拳士は新たな気持ちで取り組んでいたようです。
地域の方々の笑顔とお声かけがうれしかったです。

③次回はどのような活動にしたいか
今年度より専有道場を一志町大仰に変更しました。
曜日時間を気にせず活用できるので、地域を巻き込んで楽しい活動を企画したい。

④布教月間として取り組んだ企画
アフリカの田んぼの田植え参加と東北の震災募金実施。

 

112520-2-1 112520-2-2

112520-2-3 112520-2-4

三重白山道院