金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 三重白山道院 金剛禅の架け橋をつくる

宗道臣デー

【リーダー】西山 一弘

【人数】30人

【目的・目標】
開祖忌法要で開祖の志を再確認した後、愛の家グループホーム一志の入所者と職員さんとの交流を行うことにより、金剛禅の架け橋としたい。

【実施内容】
愛の家グループホーム一志の入所者と職員さんとの交流会を行った。
その後お楽しみのバーベキューパーティーで親睦を深めました。

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
入所者と職員さんとの交流により、お互いの笑顔が何よりの成果であったと思う。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
少林寺拳法が、単なる武道の修練をしているのではないということを感じてもらえたと思う。

③次回はどのような活動にしたいか
今年2月より愛の家グループホーム一志の倉庫を改装して、専有道場にした。
この専有道場を活用して、グループホーム一志と地域を巻き込んでの活動に繋げて行きたい。


三重白山道院