金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 上富良野道院 「目の前の命を救う~今、自分のできることは?」

宗道臣デー

【リーダー】山内 智晴

【人数】13人

【目的・目標】
「目の前の命を救う~今、自分のできることは?」をテーマに知識を身につけることで、自信を持って行動すること。

【実施内容】
地元消防署(富良野広域連合上富良野消防署)の協力で、同消防署で救急救命講習(救命基礎講習)を受講及び実習

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
自らできることを知り、普段行うことない、心肺蘇生法や自動徐細動装置の使用方法を学ぶことで、いざというときに勇気を持って行動する第一歩を踏み出すことができるようになった(参加者アンケートより)

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
・人を助けてみたいと思った。
・命を守ることは大切だと思いました。
・いざという時に冷静にできるのは難しいと思った。
・AEDの使い方が思ったより簡単だったので、また講習を受けたい。自分の命も大切だけど、人の命もとても大事。
・繰り返し実施することが大切だと感じた。

③次回はどのような活動にしたいか
地域貢献に活動を誰でもでき、必要とされる活動を検討し、実践していきたいと思います。

④布教月間として取り組んだ企画
集中学科講習(開祖についてを中心に)

 

112983-1 112983-2 112983-3

112983-4 112983-5 112983-6

上富良野道院