金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 他人が何を望んでいるのか、自分は何ができるのかを察して積極的に行動してゆく

宗道臣デー

– 参加所属
愛知朝日道院

– 実施日
2019/05/11

– 時間
09:00~14:30

– リーダー氏名
黒瀬 好子

– 参加人数
5名

– 目的・目標
ボランティア活動の中で、他人が何を望んでいるのか、自分は何ができるのかを察して積極的に行動してゆく。

– 実施内容
豊田市高橋交流館で隔月開催されている、ボランティア団体「ぬくもりの会」主催の、地域独居高齢者へ向けたコミュニティ行事の運営協力。

– 目的・目標に対してどのような成果がありましたか?
会場設営や受付準備、利用者さん(高齢者)の出迎え、話し相手、誕生日会の花束贈呈や片付けなどを行なった。これまでも参加経験があり、言われたことは理解し行動できたと思う。周りの状況をみて利用者さんにお茶を入れたり、ゲーム(イントロクイズ)で利用者と会話を楽しむ様子も見受けられ、前回参加時よりも積極的な一面が見られた。

– 参加された方々や地域の方の感想や表情、変化はありましたか?
利用者さんにとって、孫やひ孫のような歳の子ども達は和む存在であり、ふれあいを楽しんでいる様子が伺えた。イントロクイズで利用者さんに曲名を聞いたり、一緒に歌ったり、またヘルスサポートの方々の健康体操を歌に合わせて体を動かし、全員が一体となって楽しんでいる様子だった。

– 次回はどのような活動にしたいですか?
今回、参加者が5人であったが、年間通じて協力している活動しているであり、1人でも多くの拳士に賛同・参加してもらえるよう働きかけていきたい。金剛禅運動の開祖の遺志を引き継ぎ、他人の幸せの一助となる行動をしていく人間に、自らがなると共に、そういう人間を輩出していく道院でありたい。

 

愛知朝日道院