金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 元気な活力を与えられることを望む

宗道臣デー

【参加所属】綾瀬上土棚道院 

【実施日時】2018/08/04  14:00~15:00 

【リーダー氏名】藤野健司 

【参加人数】16 名 

【目的・目標】 
 近隣にある老人ケアセンター泉正園にて、利用者さんに対して、子供達による元気な演武お披露し、布教と利用者さんに元気な活力を与えられればと望む。

【実施内容】 
 社会福祉法人、ケアセンター泉正園、担当者リダー橋本綾乃さんに開祖デーの趣旨を説明、ボランティア活動で演武を披露させて頂けないかと依頼快諾を得る。

【目的・目標に対してどのような成果がありましたか?】 
 子供達の元気な演武を披露し利用者さん達に元気な活力を与えられればと言う事で臨みましたが、施設側の人達は少林寺拳法の演武を見るのは、今回はじめての人が殆どで、興味津々で目を輝かせてご覧頂きました。利用者さん達には少林寺拳法とは何か、また、元気な活力を与えることが出来たのではと思います。

【参加された方々や地域の方の感想や表情、変化はありましたか?】 
 道院からは、子供9名大人7名、合計16名参加。終了後全員に感想を聞き、子供達は緊張したが、演武上手く出来たとホットした様子であった。最後にお年寄りとの触れ合いの場として当道院のチラシを配って頂き、お年寄りと握手をする時間を設けましたが、子供達は優しく握手をしてくれたと感激しておりました。

【布教月間として取り組んだ企画】 
 開祖デーと言う事で、5月中に実施しようと計画を進めておりましたが、先方の都合もあり、8月4日(土)にボランティア活動と言う事で(基本・鎮魂行・組演武・運用法・お年寄りとの触れ合いの場)披露を実施させて頂きました。

【次回はどのような活動にしたいですか?】 
 施設側から、来年も実施して頂きたい旨要請がありましたが、近隣には、他にも老人福祉施設があるので、来年はどの施設で行うか、また内容に付いても検討したいと考えております。

綾瀬上土棚道院