金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 北条東武道院 世界が平和でありますように

宗道臣デー

【リーダー】川上鈴美

【人数】19人

【目的・目標】
「反核平和の火リレー」
広島・長崎に原爆が投下されて70年。8月15日終戦の日を迎えました。
「二度と戦争を繰り返してはならない」世界が平和でありますようにと願いを込めて…。

【報告内容】
当日、昼間の気温29度前後、午前9時愛媛県庁をスタートした各種団体のランナーからJR北条駅で平和の火のトーチを受け、松山市役所北条支所までの0.6㌔を渡部立崇・音里拳士が、北条支所~かわよしうどんまでの1.2㌔を重松京佑・石田琉惺拳士が、かわよしうどん~風和里までの1.4㌔を川東幸大・門田桐直拳士が、風和里~大浦ドライブインまでの1.1㌔を上坂天翔・丸山楓太拳士が走り終えました。
前回の3区間、3.2㌔の道のりから、今回4.3㌔の4区間を走りました。
「世界が平和でありますように…」とのメッセージを千羽鶴(南真紀子(旧姓大石)元拳士が、約1年をかけて作成した)に託して伝達しました。
伴走者として福井克弥・重松文仁・川上鈴美・浩樹4名の拳士が小学生ランナーをリードし、保護者のサポートも私達の大きな支えとなりました。
いつものこと乍ら、地域の方も沿道に出て、手を振ってくれたり、励ましの言葉をかけて頂きました。
もっともっと参加区間の拡大を目指したいと思います。

二度と繰り返 してはならない戦争。
「半ばは自己の幸せを、半ばは他人の幸せを」開祖の残された言葉を皆が徹底すれば競いのない平和がそこに待っていてくれると信じま す。

 

110388-1 110388-2

北条東武道院