金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 名古屋丸池道院 役立つ事の喜びを感じて貰いたい

宗道臣デー

【リーダー】小塚 美幸

【人数】20人

【目的・目標】
練習で利用させて頂いている、愛知県武道館や地域社会に、見て見ぬ振りをしない、自ら率先して行動する等、清掃活動を通じて、誰か、何かに、役立つ事の喜びを感じて貰いたい。

【実施内容】
愛知県武道館周辺の清掃作業

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
武道館館長及び職員1名も参加して頂いた。
普段消極的な拳士も「このゴミは可燃?不燃?」と大きな声で聞いて来たり、走ってゴミを拾いに行き「俺が見つけた」と大はしゃぎしたり、「俺は可燃のゴミ袋を持つから、君は不燃ゴミ袋を持って」と協調性や積極性が拳士一人一人に生まれた。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
当日は暑く、愛知県武道館と言う事もあり、他武道の行事もかさなり、周辺駐車場は混雑し清掃活動が少し行い難い状態でしたが、すれ違う他武道の方々も「おはようございます、お疲れ様です、綺麗にして頂いて有難うございます」等、様々な声を掛けて頂け、拳士達も清掃活動後の方が笑顔に溢れていた。

③次回はどのような活動にしたいか
保護者や拳士達にも、地域社会に貢献できる事を考えて頂き、誰もが、何かの役に立てる事を主に考えた活動にしたい。

名古屋丸池道院