金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 地域に根差した活動の重要性と金剛禅運動

宗道臣デー

【実施内容】
道場のある日吉台団地内の道路と側溝、公園等の清掃活動(ゴミ、空缶拾い)活動は、拳士とその家族。
協力団体は福山東道院保護者会。

【活動の目的・目標】
布教活動の一環として、地域に根差した活動の重要性と、単なる武道やスポーツではなく金剛禅運動を行っていることを再認識し、目的をもって活動を展開してもらいたい。

【報告内容】
◇活動のリーダー:掛谷暢昿

◇参加人数:70人

◇成果
私たちの団体は、単なる武道やスポーツではなく、人を育てることを通して社会の平和と福祉に貢献しようとしていることを参加者や地域の方に理解していただけたものと思う。
拳士一人ひとりには、教典の教えを実践する一つの手段としての社会貢献を、身をもって体験できたものと思う。

◇参加者や地域の方の感想や表情、変化について
参加者からは、年々ゴミや空缶が少なくなっており大変いい傾向にあるが、しかし今回はタバコの吸殻が目立って多かった、
これは一部の不心得な人によるものであり、どれだけ多くの人が嫌な思いをするか考える教材となった。

◇次回はどのような活動にしたいか
次回からは、拳士とその家族だけでなく、地元の清掃活動等とタイアップし地元の人と一体となった活動を展開し
共生することの大切さを学んでいきたい。

110789_1 110789_2 110789_3 110789_4 110789_5

福山東道院