金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 地域への奉仕と感謝の大切さを自覚する

宗道臣デー

【参加所属】埼玉川島道院

【実施日時】2018/06/10  09:00~11:00 

【リーダー氏名】川畑 修一 

【参加人数】20 名 

【目的・目標】 
 学年を超えた連帯感と自ら進んでやるべきことへの気づき。
 地域への奉仕と感謝の大切さを自覚する。

【実施内容】 
 拳士が在校、卒業した小学校内外の清掃活動、側溝の落葉掃き。

【目的・目標に対してどのような成果がありましたか?】 
 高学年には下級生に対する思いやりと効率的に作業する上での工夫が感じられた。また、母校への感謝の気持ちと、全員で奉仕作業することで拳士同士の連帯感が芽生えた。

【参加された方々や地域の方の感想や表情、変化はありましたか?】 
 校庭でゲートボールをしている方々や、道を歩く人から感謝と労いの声を掛けられ、地域との交流を通して活動の達成感と充足感を得ることができた。

【次回はどのような活動にしたいですか?】 
 拳士が在籍する他の小学校も順次、活動の対象としていきたい。

埼玉川島道院