金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 埼玉川鶴道院 作務の意義を肌で感じる

宗道臣デー

【リーダー】山下 泰敬

【人数】11人

【目的・目標】
大会の練習のために一時的に使った自治会館を清掃する。
作務を通じて誰かに喜んでもらえる気持ちを経験する。

【実施内容】
川越市鯨井新田自治会館を埼玉川鶴道院拳士のみによる清掃活動を行った。
清掃内容は自治会館周りの除草作業と会館内の床清掃。

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
拳士は作務の意義を肌で感じ、近隣の方からは道院活動への理解が得られた。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
清掃活動を行うことで自治会館管理人さんからは喜ばれ、我々拳士たちがこのような活動を行う団体であることを認識してくださいました。
清掃後に少年部拳士が口にした『気持ちがいい』という言葉が参加者全員の気持ちを表していた。『後から使う人も気持ちよく使えるね』と問いかけると子供たちはにっこりと笑っていた。施設を清めた行動が自分の心をも清めたと各人が感じたようである。

③次回はどのような活動にしたいか
宗道臣デーなどの機会に、青空の下で行える道衣の露出の多い活動を行うことで、地元の方々に『いつもありがとうね』といわれるような活動を企画したい。

 

112830-1 112830-2

埼玉川鶴道院