金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 奈良斑鳩道院他 地域の人々の喜びを感じる

宗道臣デー

【リーダー】藤山 武彦

【人数】70人

【参加団体】奈良斑鳩道院、王寺道院、大和郡山南道院

【目的・目標】
地域の人々の喜びを感じて、半ばは自己の幸せを!半ばは他人の幸せを!!

【実施内容】
各道院の市域先の清掃と合同練習
(奈良斑鳩:斑鳩町内と道場周辺/王寺:王寺駅周辺他/大和郡山南:郡山市内周辺ど道場周辺)

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
三道院が地域の清掃活動後ちょうど中心になる斑鳩町の公民館に集まり、朝早くから保護者方が用意して頂いたお昼ごはん(カレーとスープ)を感謝の気持ちで食し、清掃活動でどのような事があったかを話ししたり、どのような喜びがあったかを言葉にして、拳士・保護者共に充実感得た事。
昨今拳士数が減少している為この宗道臣デーを地域の方々に理解して頂き拳士数の増加にもなればと思う。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
行きかう方々に「ご苦労さん・ありがとう」と言われた時の少年・一般拳士の笑顔良かった。

 


奈良斑鳩道院他