金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 宮城歌津道院 笑顔になってもらい、幸せな気持ちになってほしい

宗道臣デー

【リーダー】小学校3年 5級  佐藤 ひま里

【人数】7人

【目的・目標】
目的:震災後、長い仮設住宅暮らしをしている、おじいちゃん、おばあちゃん達を元気づけたい
目標:笑顔になってもらい、少しでも幸せな気持ちになってほしい

【実施内容】
町内の志津川中学校グラウンド仮設住宅を訪問し、自分たちで一生懸命探した、幸せを呼ぶと言われている四つ葉のクローバーにメッセージをつけて12名の方にお渡ししました。

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
みんなでどうしたら元気になってもらえるかを、たくさん話し合い、実行しました。
土曜日の晴天の日に、道衣での活動だったので、たくさんの仮設の方に、少林寺拳法を知ってもらえて、うれしかった。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
お一人お一人にメッセージを大きな声で読み上げてカードをお渡ししたら、「頑張るから、ありがとう」や「うれしいね」と言ってもらい、中にはうれし泣きをされた方もいました。

③次回はどのような活動にしたいか
来年は町内の別な仮設住宅を訪問して、また笑顔になってもらえる活動にしたいです。

 

112490-1 112490-2 112490-3

宮城歌津道院