金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 愛知日進道院 誰かのために役に立つという意識が芽生えた活動

宗道臣デー

【リーダー】尾崎 勝雄

【人数】23人

【目的・目標】社会貢献の意識向上と、参加者の親睦を深める。

【実施内容】諸輪公民館周辺の交通安全活動と清掃活動

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
参加して頂いた皆さんに、交通安全の立哨(りっしょう:一定の場所に立って警戒・監視の任に当たること)とゴミ拾いをやって頂きました。
ちいさな活動ですが、みなさんと一緒に行動し同じ目的を持ち、誰かのために役に立つという意識が芽生えたように思います。
また、普段あまりお話をしない方と交流がもて親睦が図れたと思います。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
参加された方は、こういう活動もいいですねと言ってくれました。 
ゴミ拾いをし、公民館周辺が少しきれいになり、地域の方も「いい事してますね」とお声を掛けてくれました。
子供たちも頑張ってやってくれました。また来年も参加して頂けそうです。
自分の周辺の方に”あいさつをしよう”と呼びかけをしました。

③次回はどのような活動にしたいか
基本的にこの活動を行います。参加者がもう少し増えるといいかなと思っております。

 

111530-1 111530-2 111530-3

愛知日進道院