金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 愛知朝日道院 人間性を育み、共感力を磨く

宗道臣デー

【リーダー】黒瀬 好子

【人数】4人

【参加団体】

【目的・目標】
①人間の多様性と個性を理解し、思いやり援けあいの心を持った人間性を育む。
②他人が望むことを察し、自分がすべきことを積極的に行動してゆける共感力を磨く。

【実施内容】
豊田市高橋交流館で開催される、福祉ボランティア団体「ぬくもりの会」が主催する、
地域独居高齢者への給食サービス、コミュニティー行事の運営協力。

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
・今回のメンバーは、通年隔月参加のベテランで、会場設営等スムーズに進行できた。
・初めて誕生会記念写真の即日プリントを任されたが、時間内に完了。利用者から、「もうできたの?ありがとう!」との声をいただき、とても嬉しい気持ちになった。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
会25年の歴史で初メニュー(サンドウィッチ)が出たこともあり、いつも以上に会話が弾んだ印象だった。利用者は普段は一人での食事が多く、この会で皆と過ごし会話することが楽しみと笑顔で話され印象に残った。天候が悪くても、忙しくても、ぜひ行きたいと思ってもらえる場になるよう、今後も協力していきたいと思う。

③次回はどのような活動にしたいか
今回は主催者側の事情により参加人数が制限されたため、常連メンバーのみの参加となったが、通年隔月開催されているこの活動に、まずはひとりでも多くの門信徒が定常的に参加する興味と意識の啓発を促進したい。

上記活動の後、道場で開祖忌法要を執り行った。ボランティア活動を通じて“半ばは自己の…半ばは他人の…”の考えに共感し、その気持ちを実践行動に移してゆけることが大切であると思う。


愛知朝日道院