金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 播磨山崎道院 地域に役立ち布教活動

宗道臣デー

【リーダー】東 豊俊

【人数】9人

【参加団体】播磨山崎道院、宍粟山崎スポーツ少年団

【目的・目標】
少林寺の拳士が地域に役立つことを実施することによって、金剛禅の布教の一つとなる。

【実施内容】
特別養護老人ホーム白寿園へ慰問

【報告内容】
◆目的・目標に対してどのような成果があったか
今回が2回目とあって施設長の職員の方や入居者に大変喜んでいただけた。
入居者との触れ合い(こいのぼりの歌を一緒に歌い、そして肩をたたき、老人との会話等)参加者が一体感を味わうことができた。
地域の方々が利用する公園の清掃作業を多く実施してきたが、人とのふれあいを主にした今回の企画は良かったと感じている。

◆次回はどのような活動にしたいか
施設の方々から是非とも来年も来てほしいとの声が多くあったことから、出来れば継続したいと考えている。

播磨山崎道院