金剛禅総本山少林寺

宗道臣デー

【参加所属】堺小教区・堺少林寺拳法協会
 
【実施日時】2018/05/27 09:30~11:30 
 
【リーダー氏名】佐々木 正 
 
【参加人数】 83名
 
【目的・目標】
 参加拳士、保護者の皆さんに「宗道臣デー」の活動を通して、施設の皆さんとの笑顔の交流を体験してもらいたい。
 
【実施内容】
 老人ホーム(延命荘・清和苑)演武披露・苑内、庭、清掃活動・マッサージ。年少の拳士たちと、施設のお年寄りの皆さん方とのゲーム遊び。など。
 
【目的・目標に対してどのような成果がありましたか?】
 20年以上の繋がりの中で、職員の皆さん方と少林寺拳法に対する信頼関係ができており、一年に一度の再会を待ち望んでおられるお年寄りの皆さん方との笑顔の交流を行いました。隣の清和苑へは、延命荘の担当者から、是非にという依頼で今年で3回目の演武披露を行い、子供たちの笑顔が何よりのお見舞いとなりました。
 
【参加された方々や地域の方の感想や表情、変化はありましたか?】
 毎回「出来るだけ初めて」の拳士を連れて行くようにしていますが、一般拳士は何度も訪れて参加を楽しみにしている拳士もおり、慰問に当たり、子供たちにマナーを教えている姿が良く見られます。子供たちは、親御さんたちと一緒に参加して、言葉で伝えられないことを体験したように思います。
 
【次回はどのような活動にしたいですか?】
 延命荘を退出する時、必ず「来年も楽しみにお待ちしています」と声をかけられ、体裁ではなく、心からの言葉と感じる以上は、別な企画が立てられない状態です。
 来年もまた、堺小教区・堺少林寺拳法協会の拳士の皆さんと、延命荘・清和苑を訪れることになると思います。
 
堺小教区