金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 日頃の感謝を込めた思いのようなものが実を結んだ

宗道臣デー

【参加所属】群馬北毛道院

【実施日時】2018/05/27  10:00~12:00 

【リーダー氏名】小田切勇吾 

【参加人数】35 名 

【目的・目標】 
 この活動を通して、周囲の人や物、さらには道場やその周辺地域、道院そのものにも「感謝」の気持ちを一層強く持って日々の修練に対する気持ちにつなげてもらうこと。

【実施内容】 
 道場周辺、ゴミ拾い
 道場敷地内、駐車場区画ロープ張替え

【目的・目標に対してどのような成果がありましたか?】 
 拳士それぞれが真剣に活動に取り組み、日頃の感謝を込めた思いのようなものが実を結んだのか、非常にキレイになっていた。
 そして、拳士達の表情も達成感もあってか晴れやかになっていた。
 また、一般拳士、保護者の方々もロープ張り替えの際に協力し合いスムーズに張り替えを行うことができたと言っていた、これを聞いてこう言った1つ1つのことが日々の感謝へと繋がって行くのだと思った。

【参加された方々や地域の方の感想や表情、変化はありましたか?】 
 参加した拳士、保護者の方々は協力しあい真剣に活動していた。
 その表情はとても明るく、コミュニケーションを取り合いながら作業を行っていた。
 その姿を見てか、周辺地域の方から暖かいお声かけや挨拶をして頂いた。

【次回はどのような活動にしたいですか?】 
 この活動は、拳士が感謝の気持ちを特に意識して行えるとともに、周辺地域の方々に良い影響を与えられるものであると思った。
 また、周辺地域がキレイになるというのは普段自分たちが修練している地でもあるのでとても気持ちの良いものでもある。
 なので、今後もこの活動を続けていきたいと思う。

群馬北毛道院