金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 栃木城南道院 社会貢献している実感を味わう

宗道臣デー

【リーダー】富山 典昭

【人数】25人

【目的・目標】地域のシンボル的な山「大平山」、春の陽気が良いこの季節、多くのハイカーが集うため、その大平山の山道をきれいに、微力ながらでも地域貢献することを目的として清掃活動を実施。

【実施内容】大平山の山道、周辺の清掃活動。拳士20名、拳士関係者4名

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
多くのハイカーとふれ合うことができ、大きな挨拶、元気な姿を見せていた。すれ違う人達と元気よく挨拶を交わすことで、元気をもらい、また返すことができ、易筋行の修行を日常生活に生かすことができた。また、清掃活動を通して社会貢献している実感を味わうことができた。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
山道を歩いたためマイナスイオンを浴びることができ、また、ゴミを拾い山道がきれいになったことで、清々しい気持ちになれたようです。ハイカーにも「きれいにしてくれてありがとう」という言葉を頂き、少年拳士達は大変喜んでいた。

③次回はどのような活動にしたいか
個人一人一人では小さな力であるが、その力が集まると大きなエネルギーになるため、今後も継続していき、自分達が、周りの人達が、地域の人達が喜ぶような活動にしていきたい。

OOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

栃木城南道院