金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 泉川道院 一人でも多くの人に理解してもらう

宗道臣デー

【リーダー】酒村 幸男

【人数】21人

【目的・目標】
宗道臣デーの目的を拳士や保護者へ広く伝え一人でも多くの人に理解してもらい参加してもらう。

【実施内容】
新居浜市の市民一斉清掃の日に合わせて泉川地域の高柳公園の除草作業を行う

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
子供たちは学校の行事に参加、一般の拳士は自治会などへ参加もあり子供6名保護者3名一般拳士12名集まり暑い中短時間ではあったが皆真剣に作業した。
草刈機3台の活躍もあり小型ダンプカーに積みきれないほど草を刈り公園が広く感じられた。
最後に飲んだ冷たいジュースが子供たちに好評で来年もやろうと思った。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
公園が民家から離れており近隣の人と話をする機会がないが、公園の前に住まわれているご主人は我々のする作務を好意的に見てくれおり、今回は忘れてきた箒を気持ちよく貸してくれた。

◆今年は泉川道院設立50周年にあたるので武徳殿を借りて全拳士保護者を集め修練、演武、法話などを行い夕方には懇親会を開いた。

 

泉川道院