金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 白橿道院 ボランティア活動の大切さ

宗道臣デー

【リーダー】大 西 宏 明

【参加団体】白橿道院、聖心学園中等教育学校

【人数】9 人

【目的・目標】
・目的:ネパール大地震の災害募金(ユニセフ)
・目標:少林寺拳法の拳士として慈善活動に自主的に参加してもらいたい
・場所:近鉄 橿原神宮前駅 3ヶ所

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
・日曜ということもあり、普段は学生で込み合う駅周辺も行き交う人々は少なかったが、それでもこちらの声掛けに「少しでも」と募金をしていただけた。
・看板を掲げていた上、道着姿での活動だったので、周りの人々にも少林寺拳法の拳士が募金活動をしていたとわかっていただけた。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
・参加者:募金を通じてボランティア活動の大切さをわかってもらえた。
・地域の方々:同上、ネパールの被災地の早い復興を

③次回はどのような活動にしたいか
・2015年12月:ユニセフ募金
・2016年3月:東日本大震災募金

 

214529-1 214529-2 214529-3

白橿道院