金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 盛岡北道院 社会活動も修練である

宗道臣デー

【参加団体】盛岡北道院 15名、岩手県営武道館スポーツ少年団 25名、岩手県立大学 4名

【人数】44名

【目的・目標】開祖の志を実践する社会活動宗道臣デーの意義を理解し日頃の感謝を込めて清掃を行う

【実施内容】
拳士、ご父兄とともに岩手県営武道館周辺のゴミ拾い、敷地内の草取りを3団体合同で行う。終了後、武道館会議室にて、開祖の志を実践する社会活動、宗道臣デーの意義を拳士、ご父兄に説明しました。その後、合同での修練を行う。

【報告内容】
◆参加者の様子、地域の方々の反応、活動による成果等
昨年も、同様に活動しましたが、他の武道団体ではこういった活動は行われておらず、県営武道館職員の皆様にはとても感謝されました。普段の修練でも作務を行っていることを感謝されたこともあるので宗道臣デーだけでなくこれからも継続していきたい。今年初めて参加する拳士、ご父兄もいました。ご父兄から少林寺拳法が他の武道、スポーツとは違い社会活動も修練であることを大変驚かれておりました。

◆次回はどのような活動にしたいか
武道館での清掃活動はこれからも継続していきますが、近隣地域に対しての活動ができればと考えています。(清掃範囲を広げる等)

 

215298-1 215298-2 宗道臣デー写真

盛岡北道院