金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 神奈川横浜第三小教区 明るい将来を感じる事ができた宗道臣デー

宗道臣デー

【リーダー】柿沼 實

【参加道院】神奈川横浜第三小教区

【実施内容】
5月14日、横浜本郷道院修練場所において、神奈川横浜第三小教区の開祖忌法要ならびに宗道臣デー活動を実施した。
開祖忌法要は、中島横浜戸塚道院長が導師を務めた。開祖の「諦めない」という教えを力強く法話された。
奉納演武は本郷道院の小山拳士と永井拳士が迫力のある演武を行った。

法要終了後、宗道臣デーを行った。今回は本郷道院修練場所を所管する横浜市栄消防署予防課から黒川士長が講師として出張され、救急通報の仕方や、応急手当の仕方、心肺蘇生のやり方をAEDを使って実際に参加者全員が体験した。
門信徒が真剣に取り組む姿に第三小教区の明るい将来を感じることができ、感無量だった。


神奈川横浜第三小教区