金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 神戸第二小教区 地域に根ざした金剛禅運動を実践

宗道臣デー

【リーダー】古林 晋 先生・中林 秀明 先生

【参加団体】
神戸第二小教区(神戸北道院・神戸兵庫道院・神戸夢野道院・六甲アイランド道院・神戸港島道院・神戸鷹取道院)
甲南大学
協力のあった団体:特定非営利活動法人WA

【人数】約30人

【目的・目標】
小教区がひとつになって、開祖の志を再認識する事と、地域に根ざした金剛禅運動を実践することにより少林寺拳法を一人でも多くの人に理解してもらう事。

【実施内容】
場所:神戸兵庫道院 修練場所
障がい者の方々とのストレッチ・簡単な運動・ダンス、また演武披露等、ふれあいを楽しみました。

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
小教区の拳士が同じ目的に対してひとつになって活動でき、少林寺拳法とはどんなものか、またどのような活動をしているのか少しでも理解いただけたと思います。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
最初は参加拳士も戸惑いがありましたが、徐々にお互いが打ち解けていく中で表情もゆるみ、笑い声が弾む中、最後は和気あいあいとした雰囲気で活動を終えることができました。

③次回はどのような活動にしたいか
今後も(小さな範囲から)地域の方々の少しでもお役に立てるような社会貢献活動を、小教区の拳士みんなで模索しながら実践していきたいと思います。

 

 

112802-1 112802-2 112802-3

112802-4 112802-5

神戸第二小教区