金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 福山東道院 金剛禅運動を改めて実感

宗道臣デー

【リーダー】南 美佐樹

【人数】70人(福山東道院の拳士とその家族、OB拳士)

【目的・目標】世界の平和と福祉に貢献する社会活動としての金剛禅運動を改めて実感すると共に、日頃何かとお世話になっている近隣の方々への奉仕活動を展開する。

【実施内容】専有道場のある日吉台団地、日吉台小学校周辺の道路、側溝、および公園等の清掃活動。

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
子供と保護者を同じ班にし、一緒に清掃活動をすることで、普段できない福祉に関する話をしたり、親子の絆を深めることができた。
毎年参加している子供は、積極的に自分の判断で行動し、小さい子の面倒を見たり、班長を補佐する様子が伺えた。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
快晴の一日で、非常に心地よく、段取りよく活動をすることができた。
日頃修練のため車での送迎や、道場からもれる気合い等の声、その他様々な形でご迷惑やお世話になっている地元の方々に感謝を表すことができ、また金剛禅運動の目的、理念を理解していただくことができた。

③次回はどのような活動にしたいか
長年に渡り、地域に根付いた活動を継続してきたおかげで、近隣の方々に少林寺拳法の教え、金剛禅運動への理解頂いていることを感じている。
今後も周りからの期待を裏切らないよう一層努力し、活動を継続していきたい。

④布教月間として取り組んだ企画
宗道臣デー実施後、保護者やOB拳士との親睦を図ることを目的に日吉台小学校体育館で練習会を実施。
5月12日開祖の命日に、専有道場において開祖忌法要を実施。

 

110789-1 110789-2 110789-3 110789-4

 

福山東道院