金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 笠岡道院 地域との繋がりを強めていきたい

宗道臣デー

【リーダー】八杉 章

【人数】12人

【目的・目標】
地域のために役立つ奉仕活動を実施することで、少林寺拳法への理解といろいろな道院活動に参加をいただきながら、地域との繋がりを強めていきたい。

【実施内容】
道院周辺(小学校学区)のカーブミラーの清掃とごみ拾い

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
昨年から参加者全員が、「少林寺笠岡道院」と書いたビブスを着用してから、地域の方々から、「ご苦労様」とか「ありがとう」とか声を掛けていただくようになり、ちょっと嬉しく地域との繋がりを感じた有意義な時間であった。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
ミラー清掃の道具として、水圧の強い水鉄砲を使うことで、面白くて時間短縮ができて作業もはかどり参加者も楽しんでいた。

③次回はどのような活動にしたいか
長年カーブミラー清掃を行ってきたので、地域の交通安全週間に交通指導員の方々と協力しながら出来たら、地域との繋がりも強くなるのでないかと思う。


笠岡道院