金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 綾瀬上土棚道院 地域社会への奉仕活動の大切さを体験

宗道臣デー

【リーダー】本間 毅

【人数】10人

【目的・目標】
今回も日頃練習場所として使用させて頂いている、綾瀬上土棚自治会館の室内及び周辺道路の清掃を行い、自治会館管理者に感謝の気持ちと周辺住民の理解を得る事を目標に掲げ、特に少年部に地域社会への奉仕活動の大切さを体験して頂いた。

【実施内容】
日頃お世話になっている自治会館の室内清掃と自治会館周辺道路の清掃活動

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
後日、自治会館管理人さんから、お礼の言葉がありました。また、自治会館周辺道路の清掃・ゴミ拾いを行った際、周辺住民からご苦労様と声をかけられ、子供達は良い事をするって気持ちがいいね!と奉仕活動の意義を実感したようでした。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
今回は、門下生だけで実施し父兄の協力は辞退させて頂きました。後半は県大会の練習に充てる為。また、地域住民から質問があり、どこで活動しているの?自治会館で活動している事を知らなかった方もおり、良いPRになったのでは!

③次回はどのような活動にしたいか
今回は、道院長が勤務しております介護老人施設で何か役に立てれば、と考えておりましたが、日程の折り合いが付かず次回再度検討したい。
地域住民の理解を得る為、自治会館周辺道路のゴミ拾いを実施したが、最近は街中は清掃が行き届き殆どゴミがなく綺麗であり、次回は他の企画を検討したい。

 

112958-1 112958-2 112958-3

綾瀬上土棚道院