金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 行橋中部道院 社会貢献の大切さを体験する

宗道臣デー

【リーダー】河村 勝則

【人数】42人

【目的・目標】
・ボランティア活動を通じて社会貢献の大切さを体験する。
・仲間との連帯感を感じ、それを喜びとする。

【実施内容】
・築上町主催の海岸清掃活動への参加
・修練場所(錬心舘)及び周辺の清掃活動

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
ボランティア活動を体験することで、奉仕活動の大切さを感じることができた。そして、一つの目的のために多くの人たちが集まり活動すれば、より大きな達成感を得ることを知ることができたと思う。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
参加した保護者の方から、大変だったが海岸がきれいになったことで、達成感があると言われた。
活動を通じ、それぞれの距離感が近くなったことから、活動後は拳士並びに保護者の方々との会話も弾むようになった。

③次回はどのような活動にしたいか
地域への奉仕活動を計画し、拳士たちに地域へ貢献することの大切さなどを感じてもらいたいと思う。

◆所属拳士への機関紙の配布や、拳士の送迎並びに見学している保護者に対し、道院長及び幹部拳士による金剛禅運動に関する説明や体験談などを話した。


行橋中部道院