金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 貞光道院 住民の方々を思っての奉仕活動

宗道臣デー

【リーダー】谷 佳典

【人数】12人

【目的・目標】
地域住民が大勢訪れる河川敷公園および周辺を清掃することで、布教活動への理解を得る事と、
奉仕活動を通じて周辺住民の方々が気持ちよく生活できるようにしたい

【実施内容】
道場周辺の住民のみなさんと、道場周辺の清掃作業・河川敷公園の清掃作業のお手伝い

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
河川敷公園は1年を通じて大勢の地域住民が訪れる地域交流の盛んな施設であり、
大勢の住民が訪れる河川敷公園の清掃・除草作業や道場周辺の清掃作業を実施することで、
この奉仕活動は金剛禅の布教活動の一つの在り方だと理解していただけた。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
道院拳士、OB拳士、拳士保護者の方々と晴天で気温が高い中、清掃・除草作業を行い、
全員大量の汗をかきながらも作業をやり通したことで大きな達成感が得られた。
公園に訪れた方から「若い子が清掃活動する風景を見て感心しました」とお言葉をいただいた。

③次回はどのような活動にしたいか
地域社会に貢献できる活動にしていくためにも、毎年行われる町内一斉清掃に積極的に参加したり、
道場周辺の清掃作業や地区の行事や作業のお手伝いに参加することで地域親交をしながら奉仕活動を行いたい。

◆気温も高くなり、地域住民の方が区外での活動に積極的になる時期であり、この時期に奉仕活動を実施することで、
公園に訪れた住民の方々や道場周辺の住民のお役に立てればと思い企画した。

貞光道院