金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 車イスをきれいにすることで自分の心も磨く

宗道臣デー

【参加所属】刈谷南道院 

【実施日時】2018/06/02  08:45~12:00 

【リーダー氏名】米田正寛 

【参加人数】33 名 

【目的・目標】 
 金剛禅で学んだことの実践の場として、おじいちゃんおばあちゃんの利用する車イスをきれいにし、気持ちよく過ごしてもらう。

【実施内容】 
 愛知県知多郡東浦町にある老人保健施設「相生」で使用する車イスの清掃、点検(ブレーキ、タイヤ空気圧)を行いました。この活動は今回が32回目(16年間継続)であり、施設の職員の方が日頃できないため私たちが行っています。今回は77台の車イスをきれいにしました。参加者は拳士の保護者、一般拳士33名が参加。低学年の子供は車イスのフレームやタイヤなど、おじいちゃんやおばあちゃんに気持ちよく使ってもらえるように一生懸命行いました。受け入れていただいている施設の方には毎回感謝しています。

【目的・目標に対してどのような成果がありましたか?】 
 車イスの使用者の方や施設の皆様に大変喜んでいただき、感謝の言葉をいただいています。車イスをきれいにすることで自分の心を磨いたような、すがすがしい気持ちで毎回活動を終えています。

【参加された方々や地域の方の感想や表情、変化はありましたか?】 
 作業をしながら家族間の交流や、所属間の交流も図れ笑顔や笑い声も聞かれ楽しく行っています。

【布教月間として取り組んだ企画】 
 地域イベント(あったかハートまつり)へのボランティア参加。

刈谷南道院