金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > 宗道臣デー活動報告 > 高砂道院 皆で協力して作業し、楽しい思い出を作る

宗道臣デー

【リーダー】大内 信弥

【人数】14人

【目的・目標】自分達が世の中の役に立てるということと、皆で協力して作業し、楽しい思い出を作ることです。

【実施内容】高砂道院の修練場所である西秀寺の境内、周辺の清掃

【報告内容】
①目的・目標に対してどのような成果があったか
皆でやると清掃も楽しいらしく、活動後の感想では皆「楽しかった」「またやりたい」という感想が多く、実施して良かったと思いました。
楽しく作業をすることが大切であり、次回の活動に繋がる活動ができたと思います。また、今回、前日から作業を楽しみにしていたという拳士がいました。行事を楽しみにしている拳士のためにも行事を活発に行っていきたいと思いました。

②参加された方々や地域の方の感想や表情の変化
作業中、ご近所にお住まいの方々、隣接する保育園の先生方が作業している姿を見て感心され、感謝されました。また、西秀寺の方々にも、長時間作業して頂きありがとうございましたと御礼を頂きました。

③次回はどのような活動にしたいか
もっと子ども達が主体となって行える活動にしたいです。
次回は、どのように作業を進めていくかを皆で事前に話し合ってから作業ができるようにしたいと思います。

◆修練場所として使用させて頂いている西秀寺さんのお役に立ちたいと思い、住職さんに、子ども達ができる事で何かご奉仕できる事が無いかご相談したところ、境内の清掃がありがたいということでしたので、今回、西秀寺の境内とお寺周辺の清掃を行うことになりました。

 

112941_1 112941_2

112941_3 112941-2
 

高砂道院