金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > その他の活動報告 > 「いぬいっ子クラブ」で少林寺拳法健康プログラムと絵本の読み聞かせ

その他活動報告

うだるような夏の日差しが照り付ける8月3日(木)、香川県丸亀市にある城乾コミュニティからの要請により、夏休み中の小学生たちを対象にした「いぬいっ子クラブ」へ本山宗務部が参加協力してきました。

小学1年から6年まで、男女合わせて30名の児童が少林寺拳法健康プログラム、絵本の読み聞かせ、そして少林寺拳法の技術と座禅の体験をしました。
道衣を着た本山職員の登場に、最初はおっかなびっくりだった児童も、ゲーム要素を取り入れたウォーミングアップですぐに打ち解け、それぞれのプログラムに積極的に、そして終始笑顔で取り組んでいたのが印象的でした。

すべてのプログラムで謳っていたのが「協力・協調」の大切さ。少林寺拳法を通じて、学年や性別が違う中でもお互いに加減しながら、力を合わせて課題をクリアしていきました。
楽しく進行した職員をよほどに気に入ったのか、終了後も児童たちは離れることなく、何人もが職員によじ登って人間ジャングルジムを楽しみました(笑)
さすがの職員も、最後は腰をさすりながらほうほうのていでコミュニティセンターから退散したのでした。

 

1.元気にウォーミングアップから!

2.少林寺拳法健康プログラム

3.絵本の読み聞かせ。少林寺拳法の練習よりみんな熱中?

4.少林寺拳法体験。みんな真剣!

5.難しい説明にもしっかり耳を傾けてくれました

金剛禅総本山少林寺