金剛禅総本山少林寺

その他活動報告

3小教区合同研修会の実施を四日市僧伽道院春日部道院長より報告頂きました。

 1月18日、鈴鹿市武道館にて、小教区合同(三重三泗、三重中勢、三重南勢)研修会にて、少導師対象に僧階補任のためのレポート研修会を『テーマC1-金剛禅における儀式の意義と目的』を講師:四日市僧伽道院 春日部裕樹(少法師)おこないました。
 もともと三重三泗小教区単独で行う予定でしたが、少導師の拳士が上位の僧階の補任していく中で、今回の参加予定人数が2名となっため、それなら小教区合同で行い、さらに三重地区武道専門コース(以下三重武専)後、行うことで参加人数を増やそう計画しました。
 権中導師の拳士および参加した拳士の所属長も積極的に出席していただき13名の参加となりました。 三重三泗小教区での小教区(僧階補任のためのレポート)研修会について、今回で2014年度実施は4回目であり、2015年度は少導師だけでなく権中導師を対象の研修会も実施する計画をし次回は4月(少導師対象)、5月(権中導師)の三重武専終了に行う予定です。

S

三重三泗小教区、三重中勢小教区、三重南勢小教区