金剛禅総本山少林寺

その他活動報告

2020年01月18日

1月18日16:30より札幌パークホテルエメラルドの間に於いて北海道教区新春法会が挙行されました。
導師は白戸淳一北海道教区長が務め、導師献香・経典唱和・年頭挨拶と厳粛な中で執り行われました。
門信徒を代表して釧路北道院の福田文弘道院長が挨拶に立ち、宗昂馬師家のもと新たな時代に向け、門信徒一丸となって、金剛禅運動に邁進して行くことを誓いました。
また、この度の新春法会にあたり金剛禅総本山少林寺大澤管長よりお祝いのメッセージを頂き、竹田則幸北海道教区総代の代読により紹介をさせて戴きました。その後、石狩花川道院拳士による演武を奉納し、滞りなく儀式を終了致しました。
門信徒一同が2020年に心新たな第一歩を踏み出すための、有意義な集いとなりました。

北海道教区