金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > その他の活動報告 > 国際経済交流協同組合 技能実習生が本山を見学

その他活動報告

2月6日、国際経済交流協同組合の外国人技能実習生およびスタッフ合わせて25名が本山を訪れました。今回、来られた外国人技能実習生の出身は中国、タイ、カンボジア、ミャンマーなど様々。来日後、1ヶ月の講習を経て現場での活動を行う予定で、その講習期間中での本山見学でした。
館内施設の見学では、境内の「縁の碑」や日中交流会議の際に友好の証として植えられた桜の木(染井吉野、楊貴妃桜)、本堂に掛けられた歴代駐日大使の書などを眺め、「日中の友好なくしてアジアの平和はありえず、アジアの平和なくして世界の平和はありえない」という開祖の思いに触れました。
そして、本堂で職員による演武を見学し、大澤隆代表より「少林寺拳法の演武のように仲間と良い関係を作っていきましょう。そして講習期間中は、多度津の街並み、食べ物、瀬戸内海の景色等、多度津の良いものにいっぱい触れて、技能実習とともに豊かな心を育んでください」と挨拶がありました。
本山では、拳士以外の方も金剛禅に触れることができるよう、一般の方の見学も受け入れております。見学のお問い合わせは下記までご連絡ください。

◆見学に関するお問い合わせ
TEL 0877-33-1010
MAIL s-soumu@shorinjikempo.or.jp
日程や時間帯によってはご希望に添えない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

金剛禅総本山少林寺