金剛禅総本山少林寺

その他活動報告

【実施日時】2018/05/20 10:00~15:30 
 
【リーダー氏名】山本和昭 
 
【参加人数】46 名
 
【目的・目標】
 ゲームや昼食を一緒に頂く時、「他者に対する感謝」と「人はみんな必要があって生かされている」事を法話的に関連づけながらのお話しを通して、参加者に対し我々の活動内容等に対する理解を深めて頂く。拳士と友達が一緒に楽しく過ごす事で拳士増加につながれば幸いです。
 
【実施内容】
 最初は4~5年前に少年部の年末親睦会としての発足でしたが、現状では年2回、拳士の兄弟や友人を同伴しての催しとなって来ました。道場が立地的に地域を巻き込んでの活動が難しい場所なので、せめて拳士や兄弟の友人まで輪を広げて行こうと思っています。
今回の内容は、絵本の読み聞かせ、ジャンケンリレー、塗り絵大会、バルーン遊び、バルーン運びリレー、輪投げ大会と盛りだくさんで、大人も子供も参加者全員を4つのグループに分けて仲良く楽しく親睦を図りました。また、昼食時にはみんなの大好きなカレーライスにポップコーンでワイワイ盛り上がりました。
 
【目的・目標に対してどのような成果がありましたか?】
 少林寺拳法の道院が金剛禅の布教の場である事を世間に認識して頂くよう取り組んでいますが、拳士以外の方は道院としての活動(宗教法人としての活動)を意外に感じておられるように思います。
子どもたちは初対面でもすぐに打ち解け、どんどん輪が広がっているように感じます。
 
【参加された方々や地域の方の感想や表情、変化はありましたか?】
 道院は少林寺拳法を習う場所だ、と思っておられた方々がほとんどだと思いますが、私の話の中で「ふーーん!」と納得された方も多少はおられたように感じます。
友達の輪を介して拳士が増加すればと期待しています。
 
【布教月間として取り組んだ企画】
 新天地育児院(近隣の孤児院)に対する支援金の拠出ほか種々の支援活動。
 
【次回はどのような活動にしたいですか?】
 新天地育児院の子供達との合同親睦会的な催しが企画できればと思います。
 
岡山東道院