金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > その他の活動報告 > 地域包括支援センター事業に協力しました

その他活動報告

4月17日(月)、多度津町地域包括支援センターの要請により、本山布教課と本部道院が「多度津地区社協ふれあいいきいきサロン」に行ってきました。

 昨年の実施でご好評をいただき、2回目となった今回は、少林寺拳法健康プログラムを基にした「たどつ少林寺拳法健康体操」を初披露。
 参加者には94歳の女性もおられましたが、皆さん大きな気合を出して元気に体を動かされました。中には「私は昔、宗道臣先生に教わっとったんです」という大先輩もおられ、本部道院の宮本道院長もタジタジでした。
 法話の時間では、金剛力士像(仁王さん)を例に「調和」のおはなしを、また恒例になりつつある「絵本の読み聞かせ」も実施しました。なぞかけ絵本では、読み手よりも早く参加者が答えを言い当てるなど、終始賑やかな教室でした。
 金剛禅の活動が地域に根差してきているのを実感する一日でした。

 

たどつ少林寺拳法健康体操を実施

息を合わせるのって楽しいことなんです

あ・うんの仁王さんのお話しをしました

絵本の読み聞かせは大変喜ばれます

皆さんの笑顔で無事終了しました

金剛禅総本山少林寺