金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > その他の活動報告 > 奈良信貴道院 45周年記念演武発表会

その他活動報告

 6月10日に、三郷町スポーツセンターで、奈良信貴道院45周年記念演武発表会を開催しました。
 毎年行っている演武発表会ですが、今回は、45周年の記念演武発表会ということで、道院のあゆみをスライドで紹介しました。道院長の若い頃の写真や、昔から続けてきた活動の写真など、拳士・保護者ともに興味深く観ていました。今、お父さん拳士お母さん拳士の少年拳士時代の写真があったり、おじいちゃん拳士のお父さん拳士時代の写真があったりと、子ども・孫へとの繋がりもわかり、楽しい時間となりました。
 また、45年という時間の中で、様々な先輩拳士が修練し、今に繋いできた「奈良信貴道院」を、今いる自分たちがしっかりと育み繋いでいく。という思いを拳士たちは再確認しました。
 組演武・団体演武と発表をし、普段の修練の成果も観ていただきました。
 三郷町町長はじめ来賓の先生方には、毎年お越しいただき最後までご観覧いただき、少年拳士の一年間の成長を感じていただけたと思います。来賓の先生方、拳士・保護者の全員で、アトラクションとしてストレッチを行いましたが、運営の都合上あまり時間がとれず、「もう少ししたかった」というお声もいただきました。
 本山での45年勤続表彰を受けたときの写真をラベル印刷した記念品を作成し、道院長、来賓の先生方、保護者の皆様に持ち帰りいただき、大変喜んでいただきました。
 毎年行っている演武発表会ですが、毎年同じことを繰り返すのではなく、毎回新しいことに挑戦を試みています。少年拳士にも、役割をもたせやり遂げることで、自信につながる機会になればと考えております。

奈良信貴道院