金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > その他の活動報告 > 本山見学の受け入れ(香川県国際交流協会)

その他活動報告

2018年12月15日、公益財団法人香川県国際交流協会の職員および南米からの研修員あわせて4名のみなさんが見学のため本山を訪れました。
当日は、各道場や館内の各施設を見て回り、さらに演武を見学しました。霊廟から讃岐平野を一望し、これから登る予定の飯野山が、冬空のもと映えていました。
説明の中で、少林寺拳法創始の目的が「人づくり」にあることや、金剛禅では人はみな「可能性を持った種子」と捉え、誰もが人として向上していける可能性があることをお話ししました。
見学者からは、「世界に少林寺拳法はどのぐらいあるのか」、「相手のことも考えられるようにするためにはどうすればよいか」といった質問があり、建物や少林寺拳法の技法だけではなく、教えにも関心があることが伺えました。

本山では、拳士以外の方も金剛禅に触れることができるよう、一般の方の見学も受け入れております。見学のお問い合わせは下記までご連絡ください。
◆見学に関するお問い合わせ
TEL 0877-33-1010
MAIL s-soumu@shorinjikempo.or.jp
日程や時間帯によってはご希望に添えない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

金剛禅総本山少林寺