金剛禅総本山少林寺

ホーム > 活動内容 > 宗道臣デー・その他の活動報告 > その他の活動報告 > 灌仏会(かんぶつえ)現在あることに 感謝、近隣住民との親睦

その他活動報告

【実施内容】灌仏会にて、甘茶をふるまう。 

【活動の目的・目標】
釈尊の誕生を祝する儀式を行い、その根幹の大本を思いはせ、現在あることに 感謝の念を抱かせる。近隣住民との親睦をはかる。 

【報告内容】 
◇活動のリーダー:山本 義典 

◇参加人数:20人 

◇成果
近隣住民との距離が近くなった。 

◇参加者や地域の方の感想や表情、変化について
皆、笑顔になった。 

◇次回はどのような活動にしたいか
まだ、拳士の数の方が多いので、一般の人を増やしたい。 

【参考】
灌仏会(かんぶつえ)ではお釈迦様のお誕生の姿の像に甘茶をかけます。そこから子供達に甘茶を振る舞う風習があります。

112340_1

名古屋一社道院